小動物の夜間診療に関して

小動物の夜間診療に関するご案内

重要なお知らせ

2020年9月1日から当分の間、夜間診療を休診させていただきます。
休診に至った経緯・理由は下部に掲載させていただきます。

夜間診療の概要と休診の経緯・理由

VET’S-えひめは、平成25年10月から社会のニーズに呼応し、社会貢献の一環として夜間動物診療を提案し、運営してきました。VET’S-えひめ加盟病院の尽力・地域動物病院の協力があり、これまで休診することなく輪番制の夜間動物診療を継続してきました。

全国的な新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化する現状においても、飼い主様及び病院スタッフの感染防止に万全を期し、通常通りの運営してきました。
これもひとえに、皆様のご理解・ご協力のおかげだと感謝しております。

しかしながら、一時に比べ夜間動物診療協力病院数が激減しました。
診療を実施している病院もスタッフの確保が難しく、夜間動物診療の継続運営が行えない状況となっております。

従いまして、夜間動物診療協力病院と協議した結果、新型コロナウイルス感染の鎮静化並びに、夜間協力病院システムが万全な体制に整うまで9月1日から当分の間、夜間診療を休診とさせていただく事となりました。

飼い主様には、これまで以上に「かかりつけ医と連絡を密」にし、緊急時の対応につきましては、従前どおり「かかりつけ医」で応急手当をしていただきますようお願いいたします。

夜間診療の再開時期について

再開については新型コロナウィルスの感染状況や当会システムの万全の体制が整い次第考えていきたいと思います。

決定次第、また当ホームページFacebook上などでご案内させていただきます。

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。

 

VET’S-えひめ 夜間動物診療ネットワークシステムズ