トップページ「VET'S-愛媛」とはお知らせ会員動物病院一覧求人案内会員ログイン会員ログインお問い合わせ

記事一覧

「第2回 症例検討会・ミニレクチャー」のご報告

平成25年2月25日(月)午後8時30分から ホテルサンルート松山
にて「第2回 症例検討会・ミニレクチャー」が開催されました。
当日は、会員より症例発表が有り、最善の治療法について意見交換をしました。


ミニレクチャー
「プレゼンテーションのHOW TOについて」
ファイル 45-1.jpg
【講師】
元放射線医学総合研究所 獣医学博士 福田俊(ふくださとし)先生
松山ほうじょう動物クリニック 三好紀彰先生

症例1
「犬の尿道瘻造瘻術について」
クロス動物病院 大田晃司先生

症例2 
「猫の皮膚移植手術について」
みどり動物病院 高市みどり先生


今後、この「症例検討会・ミニレクチャー」を、年間5回、開催し
各回ごとに症例発表2題と、学術・接遇など外部講師によるミニレクチャーを行い、VET'S-えひめ全体としてのスキルアップを図ります。


ファイル 45-2.jpg

ファイル 45-3.jpg

ファイル 45-4.jpg

迷子犬のお知らせです。

ファイル 44-1.jpg

迷子犬のお知らせです。

平成25年2月16日(土)三津浜図書館付近で行方不明となりました。

・品種 ヨークシャーテリア
・性別 メス
・年齢 高齢
・毛色 ゴールドタン&スチールブルー(金色と薄い灰色)
・体格 小

持病があり、薬の継続投薬が必要です。
目撃情報など、些細な事でもかまいません。
お心当たりの方は、ご連絡をお願いします。


【連絡先】 

サカモト動物病院
TEL:089-953-0250

田中 様
TEL:080-3161-0327

小動物夜間診療の第1回試験運用のご報告と第2回試験運用のご案内

2012年に実施致しました小動物夜間診療の受診状況につきましては、こちらの通りとなりました。

当初、予測していた数値以下の結果となり、検証の結果、周知あるいは告知方法が足りなかった事が大きな要因ではないかとの結論に至り、3月1日から5月31日の期間に小動物と飼育者の安心感に寄与することを第一義に考え、小動物夜間診療の試験運用を再度実施することといたしました。尚、当番表につきましては、後日、ホームページ上に掲載いたします。


今回の試験運用に際し、小動物夜間診療にご協力いただける動物病院を募集いたします。
協力していただける場合は、(089)933-7100 谷村昌宏まで、ご連絡をお願いします。

TV出演のお知らせ

1月26日(土)午後6時50分から7時まで、らいおん動物病院の相原先生が、あいTVに登場します。

「みんなの夢をかなえ隊」という番組です。
この日の放送では、"獣医になりたい!"という小5の女の子の夢を応援するお手伝いをします!

みなさん、是非ご覧ください!

※再放送は、あいテレビにて1/31(木)午前1時25分からだそうです。
(先日まで30日と告知していましたが、31日が正しい情報です。
ご迷惑をおかけしました。)

「盲導犬使用者の会愛媛」意見交換会・総会 出席のご報告

ファイル 41-4.jpg

「盲導犬使用者の会愛媛」の意見交換会並びに総会が、平成25年1月20日(日)午前10時30分~午後1時まで、愛媛県社会福祉センターで開催されました。その会には、VET'S-えひめ会長 鹿田良作先生と坂元孝司先生が来賓として招待されました。

[出席者]
愛媛県視覚障害者協会副会長 武智幸男氏
愛媛県社会福祉部担当主任 長野光佑氏
VET'S-えひめ 会長 鹿田良作先生
VET'S-えひめ 視聴覚障害者補助犬部会副部会長 坂元孝司先生

当日は県下から盲導犬8頭とそのユーザーの方・付き添いの方も含め、20数名の参加となりました。
まず「盲導犬使用者の会愛媛」代表の菊池真二氏より挨拶があり、「VET'Sーえひめ」が取り組んでいる盲導犬診療助成事業の説明や長野光佑氏との意見交換を行い、閉会しました。

微力ではありますが、愛媛県初となる「VET'S-えひめ」の取り組みが、少しでもお役に立てれば幸いです。

ファイル 41-1.jpg

ファイル 41-2.jpg

ファイル 41-3.jpg

まずは、将来の先生から!「第1回 VET'S-えひめ 学校飼育動物講演会」のご報告

平成24年12月17日(月)午後1時~2時30分まで、愛媛大学教育学部大講義室にて、教育学部学生約90名を対象に、「第1回 学校飼育動物講演会」が開催されました。


【第一部】
演目 : 「獣医師から見た現状と対策」
講師 : 坂元 孝司 先生
(VET'S-えひめ 飼育動物部会 部会長 / さかもと動物病院 院長)
ファイル 40-1.jpg

【第二部】
演目 : 「小動物の飼い方・扱い方について」
動物由来感染症について
講師 : 相原 博行 先生
(VET'S-えひめ 学校飼育動物委員会 委員長 / らいおん動物病院 院長)
ファイル 40-2.jpg

【第三部】 小動物の扱い方(実習)
ファイル 40-3.jpg

実習では、ウサギを抱いたり、聴診器で自分の心音と聞き比べるなど、積極的に取り組んでもらうことが出来ました。将来、教職に就いた時に、この体験が少しでも、お役に立てれば幸いです。

また、カメやウサギなどの実習用動物たちを提供して頂いた、ラブリーキングダム 獣医師 宮内 康典 先生に御礼申し上げます。

なお、当日利用した資料も公開します。学校の先生はもちろん、保護者の方々にも幅広くお読み頂ければと思います。

【当日利用した資料】
・動物から教わることの大切さ(課題)ファイル 40-4.pdf
・学校における望ましい動物飼育のあり方 ファイル 40-5.pdf

子猫の里親を募集しています!

ファイル 38-1.jpg

子猫の里親を募集しています!
気になる方は、是非ご連絡ください。

【性別】雄
【年齢】3ヶ月齢位
【特徴】人懐っこい性格です。
【備考】3種混合ワクチン1回接種済
【連絡先】 らいおん動物病院 089-990-1328

※12月27日追記
おかげさまで、里親が見つかりました。ご協力感謝します。

「第2回 VET'S-えひめ 学術講習会」のご報告

ファイル 39-3.jpg
「第2回 VET'S-えひめ 学術講習会」のご報告

 平成24年12月9日(日)午前10時から午後4時まで、ウェルピア伊予 芙蓉の間にて麻布大学准教授・アメリカ獣医内科学会心臓病専門医の藤井洋子先生を講師としてお招きし 「失神?発作?を疑う症例へのアプローチ」の題目で、第2回学術講習会が開催されました。

ファイル 39-1.jpg
講習会では麻布大学附属動物病院での症例をもとに                             
(1)不整脈症例
(洞不全症候群、第3度房室ブロック、MRによる上室性頻拍、猫の高度房室ブロック、神経調節性失神など)
(2)アイゼンメンジャー症候群
(3)肺高血圧症(肺血栓塞栓症、肺疾患など)
等について、診断・治療法を詳しく解説して頂きました。                                
また、当日は愛媛県内外より多数の先生に、受講して頂きました事に対しまして、「VET’S-えひめ」より、御礼申し上げます。ありがとうございました。

【関連リンク】
・麻布大学

ファイル 39-2.jpg

迷い犬を保護しています!

ファイル 37-1.jpeg

迷い犬を保護しています!
お心当たりの方は、どんな情報でもかまいませんので、下記連絡先までご連絡下さい。

平成24年11月29日(木)パルティーフジ夏目店の上の旧道で保護しました。
[品種] 雑種
[性別] オス
[年齢] 推定15~17歳
[毛色] 全体的に黒く顔は白
[体格] 中型犬
[体重] 6~7kg

性格は従順で、とてもおとなしい子です。
お心当たりの方は、ご連絡をお願いします。

【連絡先】 
梶原動物病院
 TEL 089-993-3221 または 070-5515-3288

12月の夜間診療当番表をアップしました。

12月の夜間診療当番表をアップしました。
「小動物夜間診療のご案内」・・・こちらのページをご覧ください。

10月1日からスタートしたこの夜間診療も、ひとまずこの12月で試験運用期間が終了となります。
ここまでのところ、皆様のご理解・ご協力のおかげで大きなトラブルもなく運営しております。
今月もどうぞよろしくお願いします。