トップページ「VET'S-愛媛」とはお知らせ会員動物病院一覧求人案内会員ログイン会員ログインお問い合わせ

記事一覧

「災害時伴侶動物救護活動 公開市民講座」 のご報告

平成24年10月14日(日)午後2時から、ひめぎんホール別館の第15会議室にて、「災害時伴侶動物救護活動 公開市民講座」 並びに写真展が開催されました。

公開市民講座では、以下の2講座でした。
【題 目】「原発事故および災害時の避難および救護活動ついて」
【講演者】元放射線医学総合研究所 獣医学博士 福田 俊(ふくだ さとし)先生
【要 旨】 >>右のリンクよりPDFでご覧いただけます。ファイル 27-4.pdf


ファイル 27-1.jpg


【題 目】「東日本大震災ならびに阪神・淡路大震災における動物救護活動について」
【講演者】VET'S-えひめ理事・梶原動物病院 梶原富彦(かじわら とみひこ)先生
【要 旨】 >>右のリンクよりPDFでご覧いただけます。ファイル 27-5.pdf


ファイル 27-2.jpg


講演後、愛媛県で災害が発生した場合の対応や、福島第一原発事故により発生した放射能を帯びた震災被災地のガレキ処理の問題点等について質問が有り、改めて放射能汚染の危険性を認識させられる内容となりました。
*放射性物質については、封じ込め、拡散させないことが原則です。

こちらの記事も参考にしてください。 徳島県ホームページ 「提言と解答」

また、併せまして、「東日本大震災の動物写真展」も開催しました。
ファイル 27-3.jpg

当日、ご参加頂いた皆様に、この場を借りて御礼申し上げます。
ありがとうございました。

「第1回 症例検討会・ミニレクチャー」のご報告

平成24年9月25日(火)午後8時30分から ホテルサンルート松山にて、VET'S-えひめ「第1回 症例検討会・ミニレクチャー」が開催されました。

当日は、会員より2題の症例発表が有り、最善の治療法について意見交換をしました。

症例1
「治療経過の悪い難治性皮膚疾患について」
らいおん動物病院 相原博行先生

症例2
「傍前立腺嚢胞嵌入による会陰ヘルニアのダックスフント症例」
松山ほうじょう動物クリニック 三好紀彰先生


今後、この「検討会」と「ミニレクチャー」は、年間5回、開催し、各回ごとに症例発表2題と、学術・接遇など外部講師によるミニレクチャーを行い、VET'S-えひめ全体としてのスキルアップを図ります。

子犬の里親さん、募集中

ファイル 26-1.gif

子犬の里親さんを募集中です。

・品種 柴犬系の雑種
・毛色 茶系統
・性別 雌
・生年月日 平成24年9月10日頃(推定)

気になる方はお気軽にご連絡ください。

【連絡先】 
鹿田動物病院 089-921-7631


10月22日 追記
新しい飼い主様が見つかりまして、お引き渡しも完了しました。
皆様のご協力に心より感謝させて頂きます。どうもありがとうございました。

公開市民講座のお知らせ

ファイル 21-1.gif

Vet's-えひめでは、公開市民講座としまして、災害時の伴侶動物救護活動に関する講演会を開催します。
東日本大震災を教訓に、愛する伴侶動物たちのために、私たちがどう行動するべきなのか。皆様のご参加をお待ちしています。


日時:平成24年10月14日(日) 午後2~4時
場所:ひめぎんホール別館 第15会議室

講演1
題目:「原発事故および災害時の避難および救護活動」
講師:獣医学博士 福田 俊 先生
(元放射線医学総合研究所・Vet's-えひめ顧問)

講演2
題目:「東日本大震災ならびに阪神・淡路大震災における動物救護」
講師:獣医師 梶原 富彦 先生
(Vet’s-えひめ理事・災害時愛護動物救護活動委員会委員長)

※東日本大震災の動物写真展示も行う予定です。
※場所の情報に「別館」が記載されていませんでした。
 お詫びすると共に修正させて頂きます。(2012年9/7追記)

あなたのペットの身分証明に!マイクロチップに関するお知らせ

ファイル 20-1.gif

「VET'S-えひめ」では飼い主様が安心してマイクロチップを装着できるよう取り組んでいきます。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

マイクロチップ導入に関する鹿田先生の記事が「Collar」並びに「タウン情報まつやま」に掲載されました。また11月6日(火)PM6:15から、あいテレビ「ニュ-ス・キャッチあい」で放送されました。

ベッツえひめでは、飼い主の皆様と可愛いペットをつなぐマイクロチップの導入を推奨しています。詳細は、お気軽に会員医師までお尋ねください。

熱中症とミトコンドリアについて

ファイル 19-1.jpg

生体が活動する為のエネルギー(ATP)を作る器官として細胞内にミトコンドリアが有ります。

その働きは体温が41.5℃になると障害され始め、43度の高温が数分間続くとミトコンドリアは破壊され、様々な組織障害が発生します。その障害は不可逆的(元に戻らなくなる)といわれ、具体的には、脳、心臓、肝臓、腎臓、筋肉などの細胞が破壊され、多臓器不全の状態となります。

これまで、「熱中症は体温が42度以上になると蛋白が凝固、変性して引き起こされる。」と認識されていましたが、これは間違いです。アルブミンなどの蛋白質の凝固には75度~78度の高温を加える必要があるからです。

熱中症の症状である、体温上昇、呼吸速迫、流涎(よだれ)、虚脱、等がみられる時は、シャワーで水をかけるなどして早急に体温を39度まで低下させ動物病院で診察を受けて下さい。

まつやま動物病院 院長 矢野尚孝

第3回合同セミナーご報告

平成24年6月27日(水)午後8時から、ホテルサンルート松山・高砂の間にて、共立製薬(株9学術課課長で獣医師の保志昌子先生と、(株)ワールドスクウェア ビューティーウォーター事業部の山内誠司氏を講師としてお招きし
[1] ペットの身分証明となる「マイクロチップ」
[2] 新しいカテゴリーの抗心不全薬「ベトメディン」
[3] 新感覚のウォーターサーバー「ビューティーウォーター」
に関して、今回、新たに動物看護師も参加し第3回合同セミナーが開催されました。

ファイル 17-1.jpg


[1] ペットの身分証明となる「マイクロチップ」
マイクロチップとは
・マイクロチップは、直径2mm長さ8~12mmの円筒形の電子標識器具で、世界で唯一の15桁の数字(番号)が記録されています。

ファイル 17-2.jpg

埋め込みの方法
・通常の注射針より少し太い専用のインジェクター(チップ注入器)を使って皮下に注入します。
・費用は動物病院によって異なりますが、犬や猫の場合、数千円程度です。

飼い主データなどの登録の方法
・マイクロチップの番号で、飼い主の名前、住所などのデータをAIPO(動物ID普及推進会議)のデータベースに登録します。(登録料は千円)

マイクロチップのメリット
・迷子や地震などの災害、盗難や事故などによって、飼い主と離ればなれになっても、マイクロチップの番号をリーダーで読み取り、データベースに登録されている情報と照合することで、飼い主のもとに戻ってくる可能性が高くなります。

愛媛県のマイクロチップ普及率は残念ながら全国的に見ても最低レベル(47都道府県中45位)にあります。
「VET'S-えひめ」では飼い主様が安心してマイクロチップを装着できるよう取り組んでいきます。どうぞお気軽にお問い合わせください。

ファイル 17-3.jpg





[2] 新しいカテゴリーの抗心不全薬「ベトメディン」
ファイル 17-4.jpg
【有効成分】ピモベンダン
【効果・効能】犬の僧帽弁閉鎖不全による慢性心不全に伴う症状の改善。
【特徴】
「Ca感受性増強薬」と言う新しいカテゴリーの抗心不全薬で、心筋のCa感受性増強作用とホスホジエステラーゼ活性抑制作用によって、陽性変力作用と血管拡張作用の2ウェイアクションで、前負荷と後負荷を軽減する。
【関連リンク】http://www.kyoritsuseiyaku.co.jp/

「VET'S-えひめ」では,動物看護師も含め、新薬のセミナーにも積極的に取り組んでいきます。





[3] 新感覚のウォーターサーバー「ビューティーウォーター」
ファイル 17-5.jpg
今までにない、まったく新しいウォーターサーバーです。
多元素イオン溶液「ピュアドロップ」とボトルレスの専用サーバーで、水道水から、細菌・残留塩素・トリハロメタン(発癌物質)などの有害物質を完全除去し、安全・安心なミネラルウォーターを造ることが出来ます。
さらに、この水は、常温でも変質(酸化)しない為、熱中症が気になるこの季節、可愛いペットの水分補給にも最適です。また機能水として、ブラッシングや除菌・消臭スプレーとしての利用も可能です。

【関連リンク】
・ビューティーウォーター2012年4月27日放送OA
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=NcPrLoaW5UQ
・ビューティーウォーター 公式サイト http://btywater.com

「VET'S-えひめ」では,飼い主様に有益な情報を積極的に紹介していきます。

「VET’S-えひめ」のロゴマークが決定しました!

ファイル 13-1.gif

「VET’S-えひめ」ロゴマークの公募に多数のご応募をいただき、誠にありがとうございました。

おかげさまで、30名様より約90点の作品が寄せられました。
ご応募いただきました皆様には心から、御礼を申し上げます。

過日、実施しました厳正な審査の結果、ロゴマークに選定された最優秀作品を下記のとおり発表いたします。


受賞者 ペンネーム さくさくら さん
賞金 5万円

なお、ロゴマークは「VET’S-えひめ」の印刷物、備品、ホームページ、イベント等、様々な場所、機会に使用していきます。より親しみを持って接して頂ける獣医師会の新しいシンボル、どうぞよろしくお願いします。

「VET’S-えひめ 設立一周年記念祝賀会」のご報告

ファイル 8-1.jpg

平成24年3月11日、動物慰霊祭・第1回通常総会終了後、えひめ共済会館 寿の間において、VET’S-えひめ(一般社団法人 愛媛県開業獣医師会)設立一周年記念祝賀会が開催されました。

獣医師、動物看護師に加え、多くのご来賓の方々にご来臨頂きました。上記に掲載している全員での記念撮影後、東日本大震災で失われた御霊に黙祷を捧げました。途中ロゴマークのお披露目など、和やかな雰囲気の中にも、えひめの獣医療に新しい息吹の芽生えを感じさせる会となりました。

ご来賓の皆様にはご多忙中のところ、温かいご祝辞を頂きましたこと、心より感謝いたします。


菅泰晴先生には、VET’S-えひめ設立当初よりご支援をいただいております。本当にありがとうございます。

ファイル 8-2.jpg
【写真(上) 松山市議会議員 菅泰晴先生】


また、菊池真二様、篠原ふみ子様には大変お世話になり、盲導犬の診療費助成事業を開始することが出来ました。本当にありがとうございます。
ファイル 8-3.jpg
【写真(左) 盲導犬使用者の会愛媛 代表 菊池真二様】   【写真(右) 点訳グループめばえ 会長 篠原ふみ子様】


「VET'S-えひめ」では、災害時の動物救護活動、獣医学の学術振興や飼育動物に関する環境改善など、9つの事業を行う予定です。今後とも宜しくお願い申し上げます。

法律に定められた予防 ~登録と狂犬病予防注射について~

4月から6月は「狂犬病予防月間」になっています。
法律に定められた予防(登録と狂犬病予防注射)について、まとめました。

VET'Sえひめ登録の動物病院では、狂犬病予防に関してのご相談にも対応させて頂きます。
どうぞお気軽にご相談ください。


[1] 登録
狂犬病予防法により、生後91日以上を経過した犬の所有者は、最寄りの市・町に登録の申請をしなければなりません。

[2] 注射
狂犬病予防法により、犬の所有者は、狂犬病の予防注射を毎年1回受け、注射済票の交付を受けなければなりません。

※登録内容の変更について
犬の死亡・所在地変更・所有者変更・所有者の氏名及び住所変更が生じた場合は届出が必要です。最寄りの市・町に届出書を提出してください。