トップページ「VET'S-愛媛」とはお知らせ会員動物病院一覧求人案内会員ログイン会員ログインお問い合わせ

記事一覧

迷い猫のお知らせです。

ファイル 156-1.png

迷い猫のお知らせです。


オオマサ メイちゃんが平成30年4月20日(金)に松山永木町1丁目より行方不明となりました。

性別:メス(不妊手術済)

年齢:6歳

毛色:ブラウンタビー&ホワイト

特徴:首輪なし

   尻尾が長い

   鼻の右下に薄茶色の斑点あり



お心当たりのある方は、ご連絡をお願い致します。

迷い猫のお知らせです。

※2018年4月27日追記
チャンくんは、無事自宅に戻ってくる事ができ、飼い主さんと再会出来ました!
皆様のご協力に感謝します。ありがとうございました。

  • -------------------------------------

ファイル 155-1.jpg

日浦ちゃん君が平成30年4月16日(月)に松山市竹原4丁目より行方不明となりました。


性別:オス(未去勢)

年齢:6~7歳

毛色:シルバータビー&ホワイト

特徴:濃紺の首輪

   猫ちゃんの顔型ネームプレート装着

   目は金色


お心当たりのある方は、ご連絡をお願い致します。

「第7回通常総会ならびに動物慰霊祭」開催のご報告

ファイル 154-1.jpg

平成30年3月25日(日)午後3:00より、松山市柳井町の法龍寺にて動物慰霊祭が執り行われ、飼い主さんの大切な家族の一員として命の時間を共有し、天国に行った動物たちの冥福を祈りました。

続いて午後4:00より、えひめ共済会館にて第7回通常総会が開催され、平成30年度の事業計画等について活発に意見交換を行いました。

今後も「VET’S-えひめ」飼い主さんと可愛い小動物たちの為の獣医師会として様々な活動に取り組んでいきますので、ご支援のほど宜しくお願い致します。

迷い犬のお知らせ

【2018年3月22日 追記】
飼い主様と迷い犬が無事再会できました!
皆様のご協力のおかげです。大変ありがとうございました。

  • --------------------------------------------------------------
  • こまちゃんが平成30年3月7日(水)に
    松山市持田町3丁目付近で行方不明となりました。



    犬種:日本犬の雑種

    性別:メス

    毛色:黒茶

    体重:13kg

       

    お心当たりのある方は、ご連絡をお願いいたします。

    [連絡先]

    愛媛動物病院:TEL:089-971-6688

「食物アレルゲンの経皮暴露と減感作療法」」開催のご報告

ファイル 153-1.jpg

ファイル 153-2.jpg


キリカン洋行主催、獣医師、スタッフ向けセミナー
「食物アレルゲンの経皮暴露と減感作療法」」開催のご報告

平成30年2月8日(木)午後8時から10時30分まで、松山市大手町のTKP松山カンファレンスセンターにてスペクトラムラボジャパン株式会社のテクニカル・ディクター、獣医師、PhD 荒井延明先生を講師としてお招きし、同講習会が開催されました。

講習会では、舌下免疫療法、食事療法、MMD(パルス)療法等について詳しく解説して頂きました。

また、今回のセミナーではキリカン洋行営業部、匝瑳様には大変お世話になりました。

「VET’S-えひめ」より御礼申し上げます。

迷い猫のお知らせ

ファイル 151-1.jpg

三好ごまちゃん、が平成30年1月11日(木)に松山市木屋町駅付近で行方不明となりました。


種類:ミックス
性別:メス
毛色:黒白
体重:4Kg
年齢:3歳
特徴:首にミサンガをしています。
しっぽの先が曲がっています。


お心当たりのある方は、ご連絡をお願い致します。


[連絡先]
三好さん TEL:080-3475-4263
ル・ル・ル動物病院 TEL:089-992-9420

迷い猫のお知らせ

ファイル 150-1.jpg

迷い猫のお知らせです。


ララちゃんが平成30年1月22日(月)に松山ほうじょう動物クリニック駐車場(松山市北条辻)より迷子になりました。

種類:猫ミックス
性別:メス
毛色:黒
体重:3.8kg
特徴:ピンクのヒョウ柄、鈴付き


お心当たりのある方は、ご連絡をお願いいたします。



[連絡先]
松山ほうじょう動物クリニック TEL:089-993-3411

まずは、将来の先生から!「第6回 VET'S-えひめ 学校飼育動物講演会」のご報告

ファイル 149-1.jpg

平成29年12月4日(月)午後12時40分~2時10分まで、愛媛大学教育学部大講義室にて、教育学部学生37名を対象に、「第6回 学校飼育動物講演会」が開催されました。


【第一部】
演目 : 「獣医師から見た現状と対策」
講師 : 坂元 孝司 先生
(VET'S-えひめ 飼育動物部会 部会長 / サカモト動物病院 院長)


【第二部】
演目 : 「小動物の飼い方・扱い方について」
動物由来感染症について
講師 : 相原 博行 先生
(VET'S-えひめ 学校飼育動物委員会 委員長 / らいおん動物病院 院長)


【第三部】 小動物の扱い方(実習)


実習では、ウサギを抱いたり、聴診器で自分の心音と聞き比べるなど、積極的に取り組んでもらうことが出来ました。将来、教職に就いた時に、この体験が少しでも、お役に立てれば幸いです。

また、カメやウサギなどの実習用動物たちを提供して頂いた、ラブリーキングダム 獣医師 宮内 康典 先生に御礼申し上げます。

迷い犬のお知らせです。

ファイル 148-1.jpeg

迷い犬のお知らせです。

竹田ビビちゃんが平成29年9月18日(月)に松山市歩行町(ロープウェイ街)から行方不明になりました。

犬種:ビーグル
年齢:11歳
体重:11kg
特徴:青の縁取りで赤い模様の首輪をしています。

とても怖がりな性格です。
お心当たりのある方は、ご連絡をお願いします。

[連絡先]
竹田さん:TEL:090-1004-5559
まつやま動物病院:TEL:089-975-8789

2017 VET'Sえひめ学術講習会のお知らせ

2017のVET'Sえひめ学術講習会を12月24日に開催します。

今年は、「猫のエマージェンシー ~猫は小さな犬じゃない!~」と題しまして、TRVA夜間救急動物医療センター院長の中村篤史先生を講師にお迎えします。

内容は、以下の通りです。

  • -----------------------------------------------------------
  • 猫特有のエマージェンシー ~猫は小さな犬じゃない!~

    猫の飼育頭数は増えていく傾向にあり猫特有の病気、特に救急対応が必要な疾患については、押さえておく必要があります。
    例えば犬の場合ショックでは、頻脈、低血圧、粘膜蒼白となるのが一般的ですが、猫の場合は徐脈、低血圧、低体温となるなど、病態生理も異なれば、疾患の種類も異なることから、犬とは「別もの」として知っておく必要があるものもたくさんあります。
    本講演では、猫の救急疾患の中でも3つのケースを厳選し解説していきます。

    ・Case1 猫もキャットタワーから落ちる?
    ・Case2 先生、ぐったりして冷たくなってました ...
    ・Case3 「ケトアシドーシス!さぁ!インスリンだぁ!が招く悲劇」

    • -----------------------------------------------------------

    詳細は以下の通りです。

    ●日時:2017年 12月24(日) 14:00~17:20

    ●場所:ウェルピア伊予 http://welpiaiyo.jp/access.html

    ●参加費:
     ・ベッツ会員:無料
     ・ 非会員 :5,000円

    ●申込期限:12/21(木)まで

    ●申し込み方法:
    以下のURLより、申込みフォームにてお申込みください。
    https://goo.gl/q5rg3D