トップページ「VET'S-愛媛」とはお知らせ会員動物病院一覧求人案内会員ログイン会員ログインお問い合わせ

記事一覧

狂犬病予防注射に関するトピックス

ファイル 50-1.gif

狂犬病は、発症すると100%死亡する、人畜共通感染症です!

2006年11月、京都市の60代男性が「狂犬病」で死亡!
さて、この男性はどんな経過で死に至ったのでしょうか?

[2006年8月]
フィリピンに渡航中、犬に手を咬まれる!

[11月1日]
日本へ帰国。

[11月9日]
風邪のような症状が出たのでA病院を受診。

[11月12日]
水が飲みにくいなどの症状により、B病院を受診。
脱水症状が認められ、点滴を受けて帰宅。

[11月13日]
幻覚症状が出たため再度B病院を受診。
水を飲もうとするとのどが痙攣する「恐水症状」や
冷たい風に怯える「恐風症状」が確認され、入院。

[11月14日]
人工心肺装置(心臓と肺の機能を代行する装置)を装着。

[11月16日]
担当医師が「狂犬病」と診断。

[11月17日]
診断の翌日死亡。

このように、狂犬病は、発症すると100%死亡する恐ろしいウィルス感染症です。
海外では、毎年4~5万人が亡くなっています。
ファイル 50-2.jpg


海外旅行者の増加や、外国船から無検疫での犬の上陸もあり、いつ日本に侵入してもおかしくない状況です。

狂犬病から大切な犬や飼い主さんを守る手段は、予防注射だけです。
「VET'S-えひめ」会員動物病院では、集合注射会場とは違い、健康状態を丁寧に確認したうえで、狂犬病予防接種を行いますので安心です。
どうぞ、お気軽にご来院ください。

ファイル 50-3.gif

また、こちらの記事もあわせてお読み下さい。
「VET'S-えひめ会員動物病院で狂犬病予防注射を」


※2014年4月6日追記
台湾における狂犬病についてなど、農林水産省発表の情報をまとめています。
ぜひ参考にしてください。

【関連資料】
・農林水産省「台湾における狂犬病の発生について」(PDF) >>ファイル 50-4.pdf


【関連リンク】
・農林水産省「台湾における狂犬病の発生に伴う犬等の輸入検疫の取扱いについて(プレスリリース)」
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/130717.html

・農林水産省「水際における狂犬病対策について」
http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/eisei/rabies/


※2015年4月4日追記
朝日新聞に掲載された、倉吉動物医療センター会長の山根先生が執筆された記事もご覧ください。
・朝日新聞 2015年3月24日 「診察室から~狂犬病、世界で発生 注射は必要」(PDF) >>ファイル 50-5.pdf