トップページ「VET'S-愛媛」とはお知らせ会員動物病院一覧求人案内会員ログイン会員ログインお問い合わせ

記事一覧

災害時の動物救護に関するアンケート調査~伴侶動物(犬・猫)の飼い主様へ

災害時の動物救護に関するアンケート調査のお願い~伴侶動物(犬・猫)の飼い主様へ

東日本大震災では、地震や津波災害に加え原子力災害によって、多数の伴侶動物が飼い主と離ればなれになり、犠牲になるか、いまも動物シェルター(収容施設)で保護され飼い主の方の元に帰れないでおります。また、放射能汚染が高い警戒区域ではいまだに多くの動物が救護されないで取り残されています。もし事前の対策や知識があれば、多くの救護や保護ができたと判断されます。

本会では、自然災害だけでなく、原子力災害時の動物救護の対策を進めております(本会のホームページ参照)が、より対策を充実することによって、できるだけ多くの動物を救護し、飼い主の方へ無事に返還することを目指しております。

本会では、すべての伴侶動物を救護の対象にしておりますが、本会会員は、松山市・東温市を中心にした皆様の地域で動物病院を開業しておりますので、最も地域の条件を知っておりますことから、災害時に迅速に対応できる(伴侶動物の受け取りや情報提供)と考えております。そのために、地域の動物の数や分布、飼育状態などを把握することによって、会員を中心とした救護活動の効率化や地域連携の効率化ができます。


この度、これまでの災害時における救護活動の教訓を活かすために、用意しました3つのアンケートへのご協力をお願いします。
【アンケート1】は飼い主の方にご意見や要望、【アンケート2】は伴侶動物の事前登録、これによって(1)災害時に迅速かつ正確な個体認識によって効率的な受け入れ、(2)安否確認、(3)伴侶動物の返還ができる利点が望めます。【アンケート3】は、救護活動ボランテアの協力です。

動物救護および保護(飼い主の方へ返還するまで)、治療、ペットフードなど関わる費用は、ホームページに掲載しておりますように、本会が準備する資金、救援物資、動物関係の会社などの協力でおこないますので、登録された方の負担はまったくありません。

本アンケートは、本会の社会貢献活動の一つである災害時動物救護の充実を図るための基本情報を得ることが目的で、日常の医療やその他の目的で使用することはありません。本アンケートの結果は、個人情報は除いて本会のホームページで公開します。


【アンケートに関して】
ファイル 14-1.doc
※Windows・InternetExplorer9をご利用の方は、右クリック後「対象をファイルに保存」
このファイル(Word形式)をダウンロードして、お答えください。
お答えいただいたファイルは、E-MailまたはFax・郵送でご送信ください。

・メールでの送信方法
survey@vets-ehime.jp宛でE-Mailにてご送信下さい。

・Faxまたは郵送
〒790-0804 松山市中一万町6番地5 一般社団法人 愛媛県開業獣医師会
FAX 089-931-8988

原子力災害時における伴侶動物の救護活動および放射線の影響について(伴侶動物を飼われている方へ)

2011年に発生した福島原子力発電所の爆発事故を教訓にし、学ぶべき事がたくさんあります。
伊方原発が立地している我が愛媛県でも、原子力災害時における伴侶動物の救護活動および放射線の影響について、理解を深めておく必要があると思われます。VET'S-えひめは、全国の獣医師会に先駆けて、ガイドラインを制作しています。ぜひ、ご覧下さい。

以下、一般向けのご説明です。クリックすると表示されます。

原子力災害時における獣医師の動物救護活動に向けて(獣医師およびボランテアの方へ)

原子力災害時における獣医師の動物救護活動に向けて、獣医師およびボランテアの方へのガイドラインです。

以下、獣医師およびボランテアの方向けのご説明です。クリックすると表示されます。

セミナー「伊方原発事故を想定した動物救護活動のあり方」のご報告

ファイル 10-1.jpg

平成24年4月10日(水)午後8時から ホテルサンルート松山 相生の間にて、元放射線医学総合研究所の獣医学博士である福田俊(ふくださとし)先生を講師としてお招きし「伊方原発事故を想定した動物救護活動のあり方について」と題して第2回合同セミナーが開催されました。
セミナーでは、福島原発事故による環境放射能汚染を踏まえ、伊方原発事故に伴う放射能汚染災害時の動物救護活動に於ける獣医師やボランティアおよび飼主など、人の安全と伴侶動物の取扱に関しての解説があり、動物救護活動の基本方針として

(1) 獣医師及びボランティアの救護活動開始基準値及び中止の判断について。
(2) 救護対象伴侶動物(犬及び猫)の保管場所(保護施設)及び保護活動時(受取及び診察時)の注意点について。
(3) 救護動物の飼主への引渡し時の注意点について。
(4) 放射線計測器の購入及び維持管理並びに計測訓練について。
(5) 救護作業着の保管管理及び保管場所について。
(6) 作業チームについて。
(7) 汚染弊死動物、排泄物、作業着、医療用廃棄物等の分別と保管、引き取り交渉について。
(8) 救護活動時の市・町との協力体制について。

等の具体的項目についてディスカッションし、事前準備の重要性を強く認識させられる内容となりました。

自然災害および原子力災害時における動物救護活動について

「自然災害および原子力災害時における動物救護活動について」として、「VET'S-えひめ」の災害時の活動についてとりまとめました。

以下、獣医師の方々向けのご説明です。クリックすると表示されます。

「災害時愛護動物救護活動に於ける開業獣医師の役割

ファイル 6-1.jpg

平成24年3月22日(木)午後8時から ホテルサンルート松山 相生の間にて、元放射線医学総合研究所、獣医学博士、福田俊(ふくだ さとし)先生を講師としてお招きし「災害時愛護動物救護活動に於ける開業獣医師の役割
を考える」をテーマとし「福島原発事故の放射能汚染並びに動物の救出活動状況について」と題して、第1回合同セミナーが開催されました。

セミナーでは放射線汚染動物接触による外部被爆・内部被爆の危険性について解説があり、除染等に係る放射線に対する基本的知識の必要性を強く認識させられる内容となりました。

内容の詳細に関しては、添付の資料もご覧ください。


【資料】
「原子力事故と獣医師の対応」・・・ ファイル 6-2.pdf
「福田 俊 先生 プロフィール」・・・ ファイル 6-3.pdf


以下、講演内容のまとめです。クリックすると表示されます。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ